テーブルソー

[公開:any]


[DIY/電動工具]

 パワーソニック テーブルソー TBS-4106ST


DSC01393.jpg

10インチ(255mm)のテーブルソーです。本当は、DELTA(デルタ)のコントラクターズソーとかハイブリットソーが欲しいのですが、予算と、置き場所の関係で我慢しています。100kgを超える重量のテーブルソーは、パワーベース(組み込み台車のこと)があったとしても常設できる工房が必要でしょう。

このテーブルソーの重量は、それほど重くないため、一人で持ち運ぶことが出来ます。普段はガレージの奥にしまっておいて、使うときだけ青空工房(庭)に運んでいます。軽い分だけ強度的にも弱い所があるので精度的にもそれなりのものだと思います。でも、手持ちのマルノコでカットするよりは精度があります。

モーターは、インダクション(誘導)モーターじゃない普通のモーターなので、回転音は、ある程度、うるさいですが、トリマーなどと音質と比べると静かなほうです。

チップソーが大きく厚みがあるため、切りくずは、かなりの量が出ます。集塵については、一切考慮されていない構造のため、大きなくずは下に落ちて、小さなチリが周辺に飛び散ることになります。

写真のフェンスは、両側に板を追加して使いやすくしてあります。フェンスの精度(のこ刃に対する平行度)もいい加減なので、セットするときにスケールで平行度を確認しながら使う必要があります。

DSC01397.jpg

純正のマイターゲージ(横引きジグ)は、スロットとバーに少しガタがあるため、精度は良くありません。写真のように2本の溝を使うジグを作って精度が出るように工夫して使っています。

DSC01396.jpg

ジグにホールダウンクランプを取り付けて、切断対象物を固定し、手前から奥にスライドさせます。切り落とした木片がテーブルの向こう側に落ちるまでスライドさせることによりキックバックによる事故を防ぐようにしています。


▲ページ Top へ...