電子部品の通販ショップインプレッション

[公開:any]

[電子工作/その他]

電子工作に必要な部品は、以前なら昼休みや仕事の帰りに秋葉原にたちよって必要なものだけを購入していました。現在は、電子部品を買いに出かけると電車賃かガソリン代(+駐車場代)が通販の送料より(場合によっては部品代より)高くつくところに住んでいるので、ほとんどが通販を利用しています。

ショップであれこれ見るのも楽しみのうちですが、暑い夏や寒い冬に細かな部品を探してうろうろショップを渡り歩くよりは、「Webでお気軽に購入」というのもありでしょう。インターネットでデータシートを検索して部品を比較・吟味して買えることは大きなメリットです。

これまで利用した通販のショップのインプレッションを参考までに紹介します。

 よく利用するショップ

秋月電子

  • 良いところ
    • 安い(大概のものは最安値。)
    • 早い(休日を除いて翌々日には届く。)
    • うまい(品揃えがオイシイ。というか売れるものだけを大量に仕入れているようだ。)
  • 悪いところ
    • 基本が代引きで手数料と送料で800円(パーツを少量買うと手数料のほうが高くつく)
    • ネット銀行未対応(FAX注文で銀行振り込みを利用すると銀行手数料が高くつく)
    • 品切れになるとなかなか入荷しない(1年近く入荷しない部品も・・・)

いわずと知れた超有名ショップ。10年以上前は店頭でよく購入していた。部品以外にも、ここのキットにはずいぶんお世話になった。でも、キットをよく購入していたころは、完全なシロート(今も同じか・・^^;)だったので、キットの完成率は低かったような・・・

Webサイトでの注文は簡単。Cookieを受け付けていれば2度目からは住所等の入力も省略できるのが便利。難点は、上にも書いたが、ネット銀行決済に未対応で代引き通販を基本としているところ。これは、嫁に購入金額がバレてちょっと痛い。(まったくの自己都合だが・・・・^^;)

部品は安いので代引き手数料と送料の800円の元を取ろうと多めに注文するため、使う予定のない部品が増えてしまうことも難点か・・・。(これも秋月の作戦か・・。)
しかも、買ったこと忘れて同じものを注文したりと・・・・・コレは、完全に自分の責任ですな。

PICやAVRなどのワンチップマイコンは他を寄せ付けない安さ。その他の部品も、安くて広く使われる一般的なものが多い。・・というか、秋月で売られているから趣味の工作に広く使われて一般化するという部品も多いと思う。

梱包は部品ごとにビニール袋(秋月独特のプラスチック袋??)で小分けされている。中にはデータシート(一部抜粋)が入っているものが多い。最近は、部品のスペックをインターネットで簡単に調べられるが、以前はこのデータシートがありがたかった。

2009年1月よりWebサイトがリニューアル。ついにWebからの通販で銀行振り込みが選択できるようになりました。お気軽に購入できます。(2009-02-11追記)


共立電子(共立エレショップ)

  • 良いところ
    • 送料が安い(宅急便で380円。細かなパーツのみは定形外で120円)
    • 品揃えがいい(Webサイトにないものも問い合わせると通販可能の場合あり。)
    • Webサイトが使いやすい(部品同士の関連付けがあって便利。)
    • 早い(ネット銀行対応なので、注文、支払い、発送とスムーズに処理される)
  • 悪いところ
    • 値段が高め(特にICなどの半導体。といっても比べるのが秋月ではしょうがないか・・)

一般的な電子部品(抵抗、コンデンサ、線材、基板、ケース・・・等)で、私が最も利用するのがこのショップ。値段は最安ではないが、パーツが少ない場合は、送料も含めて計算すると、ここがベストの場合が多い。

注文→確認メール(自動)→準備完了メール→代金をネット銀行振込み→発送メール→受け取りと一連の流れがスムーズで安心して購入できる。これまでほぼ注文日の翌々日には到着している。

マルツ電波

  • 良いところ
    • 品揃えがいい(共立電子といい勝負。)
  • 悪いところ
    • 送料が高い(472円のみ。少量の抵抗のみでも472円。)
    • ネット銀行未対応(銀行の振込み手数料が高くつく。)
    • 値段が高め(といってもこれが普通かもしれない。)
    • Webサイトが使いづらい

品揃えは共立電子といい勝負。マルツでなければ購入できない部品もあり、たまに利用するが、送料が高いため、少量の部品は購入できない。ネット銀行も対応していないので、平日の昼間しか送金処理できず、土日をはさむと入金確認が遅れて部品の入手に時間がかかる。

Webサイトは、多くの部品にPDFのデータシートが用意されているが、いちいちログインしないと閲覧できないシステムにしているのは変だと思う。また、部品の詳細がわかりづらく、サイトのレスポンスも良いとは言えない。

店舗も多いので、通販メインのショップではないのだろう。結局、人件費等が部品価格に転嫁されるのか、値段も高め。

買い物100円で1ポイントのサービスがある。1ポイント1円で利用できるので、たまれば部品代や送料に使える。でも、送料の472円分を稼ぐには47,200円も購入しなくてはならない。初回ユーザー登録時に300ポイントが無料で付くので、1回目の買い物は送料が472-300=172円でいける。

パーツフォレスト

  • 良いところ
    • 安い(秋月よりも安いものがある)
    • 早い(ネット銀行対応で便利)
  • 悪いところ
    • 品物が少ない(・・・というか、コレでいいんだろう)

品数は少ないが、ほしいものがあれば安く大量に購入することができる。コンデンサやトランジスタ等は1セット50個という単位のものが多いため、2,3個必要なときも大量にストックすることになる。・・・でも、安い単価や後々のことを考えると、これはコレでよいと思う。下手に部品の種類が多くなって、少量販売に対応すると人件費がかかって、部品が高くなるのと思われる。(勝手な想像だが・・)

オペアンプやデジタルトランジスタは比較的豊富にラインナップされている。どこかの余剰品を販売しているのか、在庫を切らすとそれっきりの部品も多いようだ。

送料は、ゆうパックやEXPACK500以外にも定形外郵便も選択できて少量部品の購入にも便利。
購入金額の1割の金額の部品サービスがある。つまり3000円分購入すると300円の部品がただでつけてもらえる。ほしい部品をリクエストできるようだが、私はリクエストしないので、ショップで適当に選んだものをサービスしてくれる。

Webサイトの更新は、しばらくなかったが、最近(2008年5月)に新規入荷の予告がされている。

2008年末から2009年2月現在、注文を受け付けていないようです。残念。


イーエレ

  • 良いところ
    • 安い(ICなどの半導体が安い)
    • 早い(ネット銀行対応で便利)
    • 品揃えがナイス(ここでしか買えないものが多い)
  • 悪いところ
    • 品物が少ない(ここも、コレでいいと思う)

IC等の半導体が安い。ラインナップも良くてほしいものばかり。(でも使う予定がないので買わない)
一般的な抵抗や、コンデンサなども手に入る。一部、中国製の怪しい部品も扱っている。

Webサイトからの直接購入はできず、メールに希望部品や値段等を書いて注文する方法だが、レスポンスが良いためストレスなく買い物できる。

部品の在庫個数がWebサイトに記載されている。雑誌等で製作記事に使われた部品があると、あっとゆうまに個数が減って在庫切れとなる。結構、取引の多いショップのようだ。
在庫切れの部品もしばらく待てば、入荷する場合が多い。ただ、入荷数が少ないこともあり、部品の調達に苦労していると思われる。


 たまに利用するショップ


ストロベリー・リナックス

一度だけ利用した。ネット銀行対応でレスポンスよく買い物できた。品揃えは特殊なため、あまりほしいものは無いが、Webサイトはちょくちょくのぞいている。

若松通商

秋葉原のショップは、よく利用していたが、通販は1度だけ。品揃えは豊富だが、部品に対しての知識がないと購入しづらいWebサイトとなっている。かなり特殊で手に入りにくいものもWebサイトで探すことはできる。

千石電商

ここでしか買えないものがあって仕方なく通販で利用した。送料が高いため積極的には利用したくは無い。ただ、ネット銀行に対応していてスムーズな手続きで購入が可能だが、商品発送までに時間がかかるのが難点。
秋葉原のあの店が妙になつかしい。当時のまともな対応のできない(でも話していて楽しかった)某大学の学生アルバイトさえも懐かしい。


KURA

ラジオの製作に必要となるコイルやバーアンテナ、ポリバリコン等を扱っている。他の通販サイトではなかなか手に入らない部品もある。送料も安く、ネット銀行にも対応しているので気軽に買い物できる。

エレ工房さくらい

かなり昔になんかのキットを注文したことがある。部品の品数は少ないが、珍しいものもある。ネット銀行にも対応している。

シャンテック電子

ちょっと前にゲルマニウムラジオキットを注文したことがある。キットには詳細なマニュアルが付いているが、購入する前にもWebで公開されているPDFマニュアルで確認できるため安心して購入できる。
最近もポリバリコンやセラミックイヤホンを注文した。ネット銀行対応なので気軽に利用できる。


現品.com

以前は安い部品が大量に買えたが、現在は・・・・・どうしたんだろう。


▲ページ Top へ...